井伊直虎・相関図家系図 ~大河ドラマ「おんな城主 直虎」~

「おんな城主 直虎」の物語の中心は井伊家と井伊家を支配下に置く今川家です。井伊家の領主である井伊直盛には跡取りとなる長男がおらず、娘のおとわ(井伊直虎)がいるだけでした。

それでは井伊家が存続することができないので、直虎と井伊直満の息子、直親(なおちか)を婚約させて跡取りとしようとしていました。

[PR]

ドラマ観るなら<U-NEXT>

井伊直虎を中心とする井伊家の家系図と相関関係

 

おんな城主 直虎相関関係

上の図を見ながら、井伊家の相関関係を説明して行きましょう。主人公の井伊直虎は、井伊直盛と祐椿尼(千賀)との一人娘です。直虎の曽祖父の直平の息子には、直宗、直満、南渓和尚がいます。直虎の祖父にあたる井伊直宗はなぜかドラマには出て来ません。

直満の息子の井伊直親は、子供時代に亀之丞(かめのじょう)と名乗り、親の命令によって、おとわ(のちの井伊直虎)のいいなづけとなります。しかし、二人には予期せぬ運命が待ち受けていて、いいなづけの直親は幼くして今川家から命を狙われる危険があったため、信州に逃れます。実にその期間は10年に及ぶものでした。

井伊家と今川家は、支配する関係と支配される関係にあるのですが、井伊家の人間が今川家に嫁いだり、井伊家が反逆したことを許すために井伊家の人間を人質に取ったりしていました。ですので、井伊家の人間が今川家の一員となることもあったのです。

例えば、井伊直平の娘の佐名(さな)は、今川家の人質として今川家に送り込まれてしまい、自分の意思と無関係に井伊家を離れて今川家で暮らすことになるのです。逆に今川家の人間が井伊家の一員となることもありました。井伊直虎の母の千賀の父親は、新野左馬之助と言って、今川家の家臣なのですが、今川家が井伊家を支配に置いたことから、その同盟の証として今川家の新野左馬之助の娘である千賀を井伊家の嫁として送り込んだのです。

千賀は井伊直盛と一緒になり、井伊直虎が生まれたと言う経緯があります。このように、戦国時代の婚姻関係は政略的に行われていて、「おんな城主 直虎」のストーリーでも人間関係が複雑に絡み合っています。

龍潭寺の住職と僧侶達

家臣は家来とは違って、家来が人に人が仕えるのに対して、家臣は人が家に仕えます。それだけに家臣の家族と、家主との繋がりも深いです。井伊直盛の曽祖父の「井伊直平」の息子で龍潭寺の住職、南渓和尚(なんけいおしょう)は、おとわが出家したときに次郎法師と名付け、おとわの師となります。

南渓和尚は酒が好きで、一見いい加減なように見えますが、井伊家の参謀的な役割を果たして井伊家から頼りにされています。龍潭寺(りょうたんじ)は井伊直盛が戦士してから、先祖をまつる菩提寺となり、井伊直虎の墓も龍潭寺にあります。

龍潭寺の僧侶の、傑山(けつざん)と昊天(こうてん)は、おとわが出家したときに寺で兄的な身分としておとわの指導に当るなど、おとわ(井伊直虎)と龍潭寺の関わりを表す上で欠かせない人物として、ドラマではスパイスのようなインパクトを与える存在として描かれています。

井伊家重臣、小野、奥山、中野

井伊家の家臣の小野政直は、井伊家に居ながらにして今川家寄りの立場を取っており、井伊直満を落とし入れたり、自分の息子をおとわのいいなづけにして井伊家の跡取りを狙うなど、井伊家の乗っ取りを常に画策しています。小野政直の長男、小野政次(おのまさつぐ)も親の進言によっておとわのいいなづけとなりますが、小野政直が病死したことから縁談は破談になります。

小野玄蕃(おのげんばん)は、小野政次の弟ですが、朗らか性格で家臣の中でも孤立しがちな小野家で、比較的井伊家とは通じやすい立場にあります。しかし、桶狭間の戦いで戦死していまいます。

井伊家家臣の中野直由(おのなおよし)は、井伊直盛が戦士したあとに直盛の遺言により、一時的に井伊谷の管理を任されることになっていました。中野直由は、井伊家の分家でもあります。

井伊家家臣の奥山朝利を中心とする奥山家も、井伊家と小野家に大きな影響をもたらしています。奥山朝利の娘、「しの」は、井伊直親の妻となり直政を授かります。井伊直政(いいなおまさ)は徳川家康に仕え、徳川四天王の一人と呼ばれるほど徳川家康の天下取りに貢献し、後に初代彦根藩の藩主となる人物です。

ですが、「しの」の夫は元々直虎のいいなづけであったために、直虎との関係は微妙です。奥山朝利の次女の「なつ」は、井伊直盛の勧めで小野玄蕃に嫁ぐことになり、奥山家と小野家の間を取り持つ役目を果たします。

井伊家を支配する今川家との相関関係

今川家は駿河地方の広大な範囲を領地としていて、その勢力は井伊家とは比較になりません。井伊家は、井伊谷(いいのや)と言う小さな領土の領主ですが、井伊家の佐名が今川家に嫁いだり、今川家家臣の新野左馬助の娘の「千賀」が井伊家に嫁いだりと、双方が政略的に支配関係を維持するために、婚姻関係を利用して領土を治めていました。

ドラマ序盤では、春風亭昇太さんが演ずる今川義元を中心に今川家が描かれていています。今川義元の母は寿桂尼、息子で跡取りの長男は今川氏真(いまがわうじざね)と言います。今川義元は桶狭間の戦いで織田信長に討たれ、今川氏真になってからは、今川家は次第に衰退していくのですが、寿桂尼が今川氏真を支え続けます。

今川氏真は、北条家の早川殿と結婚したので、今川家は北条家とも繋がりがあります。これが後の、武田、今川、北条の三国同盟に繋がるのです。

佐名(さな)は元々井伊家の人でしたが、井伊家が今川家に屈した証として今川家に人質として送り込まれるので、井伊家に対して恨みのような感情を抱いているのですが、元は井伊家の出身だけに影で井伊家の力となる役目も果たします。

佐名は今川家の家臣と結婚して瀬名(せな)を授かります。佐名は今川氏真と一緒になるつもりでしたが、今川家に人質として取られていた竹千代、のちの徳川家康と結婚することになります。

[PR]

人気のドラマは <Hulu>