西郷家家系図

西郷家家系図解説

西郷家の家系図です。西郷隆盛は西郷隆充の7人の子供の長男です。最初に結婚した伊集院スガとの間には、子供はいません。愛加那は西郷隆盛が奄美大島に身を隠していたときに一緒になった島の娘です。愛加那は、沖永良部島に流刑された西郷隆盛が、薩摩藩によって呼び戻されたときに立ち寄った奄美大島で西郷に会ったきり、二度と会うことはありませんでした。そして、糸子が最後の妻となります。

大山彦八は通称で、大山綱昌と言います。大山家に養子入りする前の名前は、西郷小兵衛です。

西郷隆盛の子供の菊次郎は京都市長、寅太郎は貴族院議員、牛次郎は郵船会社重役と、隆盛の名声もあってか出世しています。酉三だけは惜しくも30歳で早世してしまいました。ちなみに、寅太郎の息子の吉之助は、第2次佐藤内閣で法務大臣を務め、平成9(1997)年まで存命していました。

家系図

西郷どん西郷家家系図

西郷どんのオススメ記事

→ 西郷どん視聴率速報第1話を予想!

→ 西郷どん あらすじネタバレ1話から最終回~最終回はいつ?

→ 西郷どん キャスト表 坂本龍馬・篤姫・島津斉彬役は誰?

→ 西郷どんロケ地観光地|奄美大島の見どころとグルメスポット

→ 西郷どん大河ドラマ館のイメージ発表 開館は2018年1月13日