西郷どんのロケ地は、鹿児島市内と奄美大島です。この記事では奄美大島のロケ地と観光地について書きます。奄美大島に行ったときに役立つ西郷どんゆかりの地と、奄美大島に行ったら一度は食べておきたい美味しいものについて紹介します。

西郷どんの撮影は2017年7月から始まっていますが、鹿児島市でのロケは8月に行われています。この記事を書いている2017年9月現在では、鹿児島ロケのあとに奄美大島でのロケが行われることになっています。関連記事→ 鹿児駅周辺の観光地ベスト13

 

西郷どんのロケ地・観光地

西郷どんファンとしては、奄美大島に行ったら通り一遍の観光地を見るのではなく、西郷どんが奄美で暮らした跡を辿りたいと思うので、西郷どんの足跡を調べました。西郷が暮らしたのは現在の龍郷町なので、観光スポットは龍郷町(たつごうちょう)にあります。

また、奄美大島に行ったら観光だけでなく、美味しいものも食べたいですねよ。奄美の美味しいものと、どこで食べるのがいいかも調べたのでお知らせしますね。

西郷松

西郷どんロケ地観光地奄美大島西郷松
画像引用元:http://info-amami.net/奄美大島観光マップ/西郷松

西郷は、1859年に奄美大島、龍郷の阿丹崎湊(あたんざきみなと)と言う所に上陸しました。乗って来た船を係留したのが「西郷松」と呼ばれるリュウキュウマツです。2011年にこの松は枯れてしまったので、木の幹の根に近いところだけが残っています。

西郷松の裏手には、一番人気の「まめぼっくり」や、西郷がよく焼いて食べていたと言うしいの実を練り込んだ「しいの実せんべい」が売られている西郷松本舗があるので、立ち寄ってみると良いでしょう。

まめぼっくり

楽天市場でも手に入るので、リピートで買う人もいるくらいです。ただ、送料の方が高くつくくらい単価が安いので、まとまった量を買わないといけないですね。

 

西郷松の口コミ

西郷松せんべいと豆ぼっくりのお土産が買えます。どちらも100円と手頃な値段で、特に豆ぼっくりは食べ切りサイズでお勧めです。そこで作られているのでまとめ買いするとおまけで何袋か余分につけてもらえるのも魅力的です。

道沿いにあるので天気の良い日の龍郷湾ドライブは海が美しくてお勧めです。

松くい虫により肝心な松は枯れてしまいましたが、現在は西郷隆盛翁と龍愛子女史の彫刻として残されているようです。詳しくは現地で(^▽^)/

小さな展示室があり、NHK大河「翔ぶがごとく」のロケの記念品なども飾ってあります。

松は枯れてしまったので、西郷松を見落とさないようにしないといけないですね。
(引用元:https://www.tripadvisor.jp/ShowUserReviews-g1121604-d4066832-r350404975-Saigomatsu-Oshima_gun_Tatsugo_cho_Amami_oshima_Kagoshima_Prefecture_Kyushu_Okin.html#REVIEWS)

スポンサーリンク






西郷南洲謫居跡(さいごうなんしゅう たっきょあと)

西郷どんロケ地観光地奄美大島西郷南洲謫居跡
画像引用元:http://www.town.tatsugo.lg.jp/kankou_bunka/sizen_siseki_meisyo/saigou.html

ここは、西郷どんが、安政の大獄により流罪になった奄美での妻である愛可那(あいかな)と一緒に3年間暮らした家です。愛可那の本名は、龍愛子と言い、謫居は今でも龍家の子孫が管理しているそうです。

実際は西郷は、3度転居していて、謫居跡は3番目の住居になります。3件とも国道81号線から遠くない所にありますが、1番目と2番目の家は石垣しか残っていないので、家屋の残っている3番目の謫居跡が観光地となっています。

※見学は事前予約制なので、予約が必要です。

【入場料金】 小中学生100円  高校生以上200円
【開館時間】 午前10時~午後4時30分
【休  館】 不定休
【駐車場】 5台(無料)
【問合せ先】 〒894-0321 大島郡龍郷町龍郷166 南州流謫(るたく)跡 電話0997-62-3368
〒894-0004 奄美市名瀬鳩浜町208-2 龍 昭一郎 電話0997-53-2897

駐車場:50mほど離れたところに「西郷南洲史跡休憩施設」ができているようです。グーグルアースでは空き地になっているので、新しく出来たのかもしれません。

西郷南洲史跡休憩施設
Pあり、トイレ、特産品販売所
営業時間:8:30~17:30
定休日:木
定休日:12月29日~1月3日

西郷南洲謫居跡の口コミ

車でのアクセスは付近までは案内看板はありますが、500メートル以降は一切なく注意して走行しないと行き過ぎます。

直接行ったら入り口が閉まっていました。説明を聞きたいなら、予約してください。

近くにちょうど駐車できそうな場所があったのですが、そこは他人の家だからまずいと言われ、慌てて移動させました。観光で寄る位なら、ここの門前に停めておいても大丈夫のようです。

場所が分かりにくいことと、車を止める所に注意した方が良さそうですね。予約も忘れないようにしましょう。

(引用元:http://4travel.jp/domestic/area/kyushu/kagoshima/rito/amamiooshima/hotplace/11321690-tips/?page=2)

スポンサーリンク






龍郷町生涯学習センター・りゅうがく館

西郷どんロケ地観光地奄美大島りゅうがく館
画像引用元:http://www.nankainn.com/local/りゅうがくオープン/龍郷町、生涯学習センタ

2017年4月1日に旧中央公民館跡にオープンしたばかりの龍郷町生涯学習センターです。町民の生涯学習の拠点として設立されましたが、展示室の1つに西郷隆盛エリアがあり、西郷どんの龍郷での生活やゆかりの品を紹介したコーナーがあります。

コーナーには、西郷が龍郷でお世話になった人に贈ったドンブリや、愛加那が使っていたと言うかんざし、西郷が息子の菊次郎に宛てた手紙などが展示されています。

ジオラマも展示されていて、龍郷町の観光スポットが立体的に分かるようになっています。

西郷どんロケ地観光地奄美大島りゅうがく館ジオラマ
画像引用元:https://www.pref.kagoshima.jp/ha01/gikai/topix/sisatu/bunkyou/h2907bunnkyou.html

幕末から明治にかけて活躍した西郷の奄美時代の様子がよく分かる展示内容となっているので、西郷どんをより深く知ることができそうです。

住所:鹿児島県大島郡龍郷町瀬留968-1
TEL:0997-62-3110
開館時間:午前9時~午後10時(日曜は午後5時まで)。
休館日:年末年始

ロケ地情報は、奄美大島での情報が入り次第追記して行きます。また、西郷どんの放送が始まると、奄美大島のシーンも出てくるので、放送を振り返りながら追記して行きます。

一度は食べてみたい龍郷町の美味しいもの

せっかくなので、奄美大島の中心地の名瀬でなく、西郷どんが暮らした龍郷町のグルメスポットを堪能してみましょう。

まずは、龍郷町で人気のある鶏飯のお店から。

ひさ倉の出汁のきいた鶏飯

画像引用元:http://www4.synapse.ne.jp/hisakura/tenpo_syoukai.htm

奄美地方は鶏飯(けいはん)が有名です。筆者は、お土産にもらった鶏飯を食べたことがあるのですが、白いご飯に具を乗せて、鶏の出汁をかけて頂きます。鶏の出汁のうまみが意外とさっぱりとしていて、サラサラといくらでも食べてしまいそうになります。

ひさ倉は、地元で評判の鶏飯専門店です。鶏飯の肉やスープには、自営の養鶏場でヒナから育てた鶏を使っているのだそうです。食材にこだわっているから人気なんですね。

住所:鹿児島県大島郡龍郷町屋入
電話 0997-62-2988
営業時間 11:00~20:30
HP:http://www4.synapse.ne.jp/hisakura/

ひさ倉の口コミ

味はあっさりめのスープで食べやすかったです。 少しだけ鶏肉の匂いが気になりました。 お土産も少し置いてあったのでパパイヤの漬物買ってみました。 帰ってから食べたらこちらも美味しかったです。

鶏刺盛りを頼んだのですが、色々な部位の刺身ですが、ほぼ冷凍状態でカチカチかシャリシャリでした。解凍されてからは美味しくいただきました。

奄美大島と言えば鶏飯は食べないといけません。色々なお店がありますが「ひさ倉」は絶対に行って下さい。鶏飯も最高ですが鳥刺しも絶品ですよ!

カフェの地元民のお兄さんが「ひさ倉かみなと屋、自分はひさ倉が出汁が濃いくて美味しい」と教えてくださいました。

少し不便な場所なので、レンタカーで行くしかないが、黒糖焼酎も美味しいのでタクシーで行くのがオススメ。

ラストオーダーは20:30となっていますが、無くなり次第終了なので、出来れば少し早めに行った方が吉です。

スープはお鍋でてきて、ご飯はおかわり自由です。割にしょっぱめのスープなのでご飯がすすみます。小学校低学年の子供は大人と一緒に一人分で充分ですし、お店のひとからもそういわれました。おいしかったです

概ね評判は上々ですね。忙しい時間帯は避けた方が良さそうですね。

(引用元:トリップアドバイザー)

スポンサーリンク






島とうふ屋の手作り島とうふ定食とスイーツ

島とうふ屋島とうふ屋定食
画像引用元:http://shimatoufuya.jp/menu/teishoku.html

島とうふとは、よく沖縄の硬いチャンプルーなどに適した豆腐だと思われていますが、島とうふ屋が使用している高野食品の島とうふは、透明度20メートル以上の奄美の海水から作る、奄美産のにがりを使ったミネラルを豊富に含んだ、ほのかに甘みを感じる柔らかな木綿豆腐です。

・島とうふ屋定食、塩豚の煮物定食、豆腐ハンバーグ定食、豆腐ハンバーグ定食、マーボ豆腐定食、豆腐ステーキ定食など
・一品料理、ドリンク、スイーツ

島とうふ屋スイーツ
画像引用元:http://shimatoufuya.jp/menu/dishes.html

沖縄の宮古島にはミキと言う白米から作った飲料があるのですが、奄美では、白米、サツマイモ、砂糖からミキを作るようです。ミキがヨーグルトのようになっているから、ミキグルトと言うのでしょうか。バナナが入っているようで、一度食べたみたいですね。

所在地:鹿児島県大島郡龍郷町中勝1561-1
電話番号:0997-55-4411
FAX:0997-55-4412
営業時間 11:00〜20:00(ラストオーダー)
11:00〜14:00まで店内禁煙となりますのでご協力お願いいたします。
店内情報:トイレバリアフリー有、座敷有
HP:http://shimatoufuya.jp/

島とうふ屋の口コミ

お豆腐食べ放題! 定食もボリュームがあり、安いし、美味しい! 繁忙期はお昼には待ちます。奄美大島の名物ミキも飲み放題で、自分は鶏飯よりこのお店が好きです。

豆腐屋がやっている食堂です。 案外メニューも豊富で子どもからお年寄りまでいろいろ食べられるメニューがそろっています。 湯豆腐と豆乳はセルフで食べ放題飲み放題なのも嬉しいです。

豆腐料理をリーズナブルな価格で堪能できます。また、自家製のミキも甘すぎずおいしい。お惣菜の販売も有り、玉子不使用の豆腐ドーナッツもおいしいです。

お土産にみきや、湯葉を使ったふりかけなども販売していました。湯葉のふりかけをお土産で買いましたが、これも美味しかったです。

豆腐料理というとお上品であまりお腹一杯にならない印象がありますが、こちらのお店はその期待を大きく裏切ってくれます。豆乳も飲み放題なんてあり得ません。唯一の欠点は交通アクセスの不便さでしょうか?それ以外は大満足でした。

豆腐 豆乳 ミキが食べ放題で調子にのって食べてしまうと ランチが盛り沢山で 食べられなくなるので気をつけて下さい。

温かいご飯の上に、冷たい湯葉が沢山乗った湯葉丼を食べましたが、わさび醤油で食べると最高でした

絶賛するコメントばかりです。とにかく安くて量が多いようですね。ミキ、豆乳、豆乳が食べ放題はすごいですね。

(引用元:トリップアドバイザー)

スポンサーリンク






ラフォンテのジェラート

奄美大島ラフォンテジェラート
画像引用元:http://amamikke.com/1020/

ラフォンテのジェラートは、奄美の小さな農園で大切に育てられた果物や採れたての野菜を使い、着色料や香料を加えずに仕上げています。
ぜひ、フレッシュな素材そのもののおいしさを楽しんでくださいね。ダテーラ農園の豆を使用したエスプレッソやカプチーノ、オーガニックの紅茶など、ドリンクメニューも人気です。

奄美大島ラフォンテ
画像引用元:https://r.gnavi.co.jp/axxfv5gd0000/

奄美大島らしいのどかな景色をのんびりと眺めながら、ゆっくりとくつろげます。デッキ席なら、ペット連れでも安心してご利用いただけます。

電話番号 :0997-62-3935
住所:894-0411 鹿児島県大島郡龍郷町赤尾木1325-3
駐車場 有:専用無料8台 (近くに公共パーキングもあります。)
営業時間: 土・日・祝/ランチ・ディナー:11:00~18:00、
月・水~金/ランチ・ディナー 11:00~17:00
定休日:火曜日

ラフォンテの口コミ

私のオススメは「真塩」と「たんかんソルベ」毎回季節の美味しい素材のジェラートを味わえます!

イートインスペースがあるので、その場で食べることもできます。 駐車場が広くないのでGWだったせいか停められずに諦めて帰る人も多かったです。

カップが小さいのが難です。山盛りに入れてくれるので、すぐにとけてあふれ、手はべたべたになってしまいました。収まる大きさにしてほしいです。

奄美の素材を使ったジェラートもあってとても美味しかったです。個人的にはバニラジェラートの上にエスプレッソコーヒーをかけたものに感動しました。子供にも安心して食べさせられるジェラート屋さんです。

正直、奄美でこのクオリティ!おしゃれなお店!と驚嘆です。 素材にこだわっていて、旬のものを利用したアイスが美味です!

奄美のフルーツを使ったジェラートが並んでいます。 私が行ったときはビワのジェラートが期間限定で出てました。 ビワの味がしっかりしておいしかったです。

(引用元:トリップアドバイザー)

スポンサーリンク






フォレストの手作りアイス

プチリゾートホテル「ネイティブシー奄美」のレストラン「forest(フォレスト)」では、奄美の旬の味から、定番の味まで全12種の手作りアイスが選べます。

奄美大島フォレスト手作りアイス
画像引用元:http://www.native-sea.com/restaurant/dessert.html

パッション・スモモ・木苺・バナナ・マンゴー・奄美の塩・黒糖キャラメル…、季節や気分に合わせてお好みのテイストを楽しむことができます。(150円/1個、280円/2個、400円/3個、4個目~は、+120円)

いつでも楽しめるスイーツは、日替わりでロールケーキ、ベークドケーキ、シフォンケーキ、タルトなどがあり、日替わりスイーツと選べるアイスをセットすると400円でお楽しみ頂けます。

昼食には日替わりの御膳・パスタのほか、洋食料理、郷土料理の他にちょっとリッチなコース料理が、夕食には各種パスタ、ピッツア、郷土料理から豪華ディナーコースまで、美しい奄美の海を眺めながら、リッチな時間を過ごすことができます。

営業時間:朝食 7:30~9:30 (L.O. 9:00)
昼食:11:30~16:00 (L.O. 15:30)
夕食:18:30~22:00
(L.O. 食事 21:00 / 飲物 21:30)
定休日:無し (年中無休)
席数: 94席 (フロア78席/テラス16席) ※
予約・お問い合わせ: Tel:0997-62-2385
HP: http://www.native-sea.com/restaurant/index.html

フォレストの口コミ

一面ガラスなので、目の前に倉崎海岸を見下ろしながらおいしいイタリアンがいただけます。 ランチが遅くまでやっており便利、値段はリーズナブルだけど、味は抜群、パスタの具がとても多くてびっくりでした。

4種チーズのピザ、よもぎチーズケーキとアイスクリームをいただきました。おいしかったです窓から見える海が最高。写真を撮ると絵葉書みたいにきれいに撮れます。

今回、1800円の夕食のコースをいただきましたが 味ははっきりしない、素人料理でイマイチでした。

評判に惹かれてドライブの流れで行きました。混んでる時間を避けて行ったので眺めが良い窓際に座る事が出来ました。本当にきれいです。 デザートは美味しく頂きましたがドリンクとセットにならなかったのでお高い感が正直ありました。

(引用元:トリップアドバイザー)

この記事がよければポチッと1クリックお願いします
↓   ↓   ↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村