おんな城主 直虎 小野家 相関図

「おな城主 直虎」小野家の相関関係を図で表しました。この相関図は、2017年4月2日放送の第13話で、次郎法師が井伊直虎となったところから相関図を再編集したものです。

小野家は、すでに小野政直が病死し、小野家は小野政次が跡継ぎとなります。ドラマでは、「たじま」と呼ばれていますが、たじま」は小野政次のことです。小野政次の正式名が小野但馬守政次(おのたじまのかみまさつぐ)であることからそう呼ばれています。

小野政次は、井伊直虎とは幼なじみだったのですが、運命に翻弄されやがて直虎とは敵対する関係になります。小野政次は、井伊家の出身ではないにも関わらず、井伊家の跡を継ぐ野望を持っています。しかし、女性である直虎が井伊家の跡を継ぐことになったのですが、今川家と内通することによって跡継ぎの座を狙うことを画策します。

次男の小野玄蕃は桶狭間の戦いで戦死ししてしまいます。小野玄蕃には妻のなつがいて、息子は亥之助(いのすけ)と言います。小野玄蕃の妻のなつは、奥山家の出身です。

家系図には、奥山家も簡単に加えました。奥山家は奥山朝利を父として、長男に孫一郎、次男に六左衛門、長女にしの、次女になつがいます。

長女のしのは、井伊直親の妻ですが、井伊直親は今川家に謀反を起こしたことから暗殺されてしまいます。一人息子の虎松(のちの井伊直政)は、身の安全の確保から13話以降では新野家に預けられ、新野家としのによって育てられます。

奥山家の長男の孫一郎は、井伊直親が駿府へ向かう途中に、今川家によって暗殺される道連れとなり亡くなります。次男の六左衛門は、次郎法師が井伊直虎となってから(13話)、井伊家の家臣として直虎を支えます。


おんな城主 直虎小野家相関図

 

あなたへのおすすめ記事

→ おんな城主 直虎 9話 タジマは小野政次のこと

→ おんな城主 直虎 徳川家康 相関図

→ 井伊直虎・相関図家系図 ~大河ドラマ「おんな城主 直虎」~

→ 井伊直虎・家系図とキャスト紹介 -おんな城主 直虎-