おんな城主 直虎 【16話】あらすじネタバレ

4月23日(日)に放送予定の「おんな城主 直虎」の第16話のあらすじネタバレです。第16話は、瀬戸方久が持ち込んだ綿毛の案を巡って、直虎が奮闘する姿を描きます。

「おんな城主 直虎」の第16話の放送予定時間は、以下のようになっています。

おんな城主 直虎 第16話 4/23 放送予定

NHK総合 20:00~20:45

NHK BSプレミアム 18:00~18:45

瀬戸方久が綿毛作りを直虎に提案

今川家の寿桂尼に後見を何とか許された直虎が、井伊谷に戻ると村人が総出えで迎えてくれた。瀬戸村の屋敷を訪れた直虎に方久は、ある物を祝いに渡した。それは木綿と雲のように白い綿だった。まだ麻の服しかなかったときに、温かくて柔らかい木綿はこれから飛ぶように売れるので、材料となる木綿を村で作ったらどうかと言う方久のアイデアだった。

木綿を育ててもらうために直虎と中野直之は、瀬戸村の甚兵衛の所を訪れ、甚兵衛に話を持ちかけた。すると甚兵衛は、三年間は年貢を免除してくれる「三年荒野」のお話しは有り難いが、売るほど育てるには人手が足りないと窮状を訴えた。

綿毛作りの人手を求めるが成果なし

すると中野直之が、「戦では人が足りないときは借りて来るものだ」とポツリと洩らしたところ、直虎はそれだとばかりに話に乗って来た。しかし、直之は平時に農民を借りてくるなどと言う話は聞いたことがないと反論した。

しかし、直虎はやってみないと分からないとばかりに、さっそく奥山六左衛門の親戚で浜名湖沿岸部の領主、鈴木重時の元へ向かうことにした。翌日、直虎と奥山六左衛門が鈴木と会って話の始終を伝えると、鈴木は「こちらも人手が足りないので合力したいのは山々だが合力はできない」と断られた。奥山六左衛門が、小野政次に知恵を拝借するのはどうかと直虎に持ちかけたところ、直虎は「あいつの手は借りたくない」と顔を曇らせた。

合力・・・力を貸すこと

なつが政次の館に住むことに

その頃、小野政次はしのの元を訪ね、虎松を井伊の後見人としてほしいとの今川宛の嘆願書をしのに返した。しのは小野政次が虎松を後見人にできなかったことや、寿桂尼が直虎を後見人と認めたこと責めた。しかし、小野政次はあまり周囲に噛み付くと頼りにする人がいなくなると、しのに忠告した。

小野政次が屋敷に戻ると、しのの妹のなつと息子の亥之助がいた。するとなつは、自分と亥之助をここで育てるために、今まで住んでいた新野の屋敷を出て来た突然切り出した。戦で亡くなった亥之助の父は小野政次の弟だった。なつは父の育ったところで亥之助を育てたかったのだ。しかし、井伊家で孤立している小野政次の所で住むとなると、風当たりが強くなるぞと小野政次が心配すると、なつはあちらこちらについて井伊家中の橋渡しをするのが自分の役目だと言い切った。

翌日、小野政次が直虎の所へ帰着の挨拶に行くと、中野直之しかいなかった。政次が殿はいないのかと聞くと、直之は「物見遊山に出かけている」と、戯言のような返事で返した。あっさりとその場を去ったかのように見えた小野政次が、蜂前神社の禰宜(ねぎ)の所へ行って話を聞くと、直虎が木綿を作ろうとしているが人手がいないと言うことだった。

綿毛は育たず

夕方になって、直虎と奥山六左衛門が帰ってくると、二人が奥山の親戚の近藤と菅沼の所へも行ったと聞いた直之が呆れ返っていた。そこですかざず六左衛門が直虎に「小野政次に相談してみてはいかがですか?」と畳み掛けたところ、「嫌なものは嫌じゃ!」とそっぽを向いた。とは言っても何の手立ても直虎には無かった。そこへ、瀬戸村へ木綿の様子を見にほしいと、方久から書状が届いた。

翌日、村に行ってみると木綿は全然育っていなかった。水も肥料もやっているのだが芽が出ないとのことだった。土が合わないのかもしれないから、直虎は別の畑と人手探しも兼ねて井伊の村中を探すことにした。

直虎は妙な男に出会う

翌日、村中を探したが人は見つからず、直虎も直之も疲れて切っていた。休んでいたところ、直虎が水筒を持って水を汲みに行くと、一人の男がふんどし姿で水浴びをしていた。その男に水を汲んでもらうと、直虎はどこかに百姓の余っているところはないかと尋ねた。するとその男は、「人など買やぁいいじゃねぇですか」とあっさりと言った。直虎はそれだとばかりに、水筒の事も忘れて一目散に瀬戸村に戻った。

すると、方久、甚兵衛、八助、角太郎が集まっていた。畑一面に綿の芽が出ていたのだ。寒さが原因だったらしく、暖かくなったので芽が出てきたと言うのだ。直虎は、それならあとは人手を確保するだけだと言って、夜になって方久と人を買う相談をした。戦場に行って人を買うことはできないので、人の集まる方久の茶屋へ行って情報を集めることになった。

翌朝、小野政次が直虎のところへ行くと、六左衛門しかいないので、おかしいと思って直虎の居場所を六左衛に問い詰めた。

方久の茶屋で人集め

方久と直虎、直之が茶屋へ行くと商人や職人、武者、僧侶、旅人など様々な人がいた。三人が行き交う人の話を聞いていると、「噂を流されてはいかがか」と声が聞こえた。なぜか小野政次がそこにいた。「領主にとっては何のうまみもない話だが、百姓にとっては大きなうまみがある。この話が百姓の耳に入れば井伊に逃げて来るものも出てくるのではないか」と言って政次は去って行った。

そこで直之は方久と、「瀬戸村ではタダで土地がもらえる」と、わざと人に聞こえるように会話した。直虎も加わって、夜になるまで三人は猿芝居を続けた。夜になって館に戻った直虎に、六左衛門は小野政次に居場所を洩らしことを謝った。「よい、知っておる」と立ち上がった瞬間に、直虎はバッタリと倒れた。

医師の心得のある龍潭寺の昊天が直虎を診ると、ただ疲れ切って子供のように寝ているだけだと、呆れ果てたように言った。翌朝、スッキリとした顔で起きた直虎が庭先に出てみると、噂を聞きつけた見慣れない百姓達が大勢いた。

小野政次がいつもの挨拶に今川の館に行くと、菅沼忠久が出てきて小野政次に耳打ちした。大方様(寿桂尼)が倒れられたとのことだった・・・。

人気の記事

1位→ 高橋一生のアンアン画像が全部インスタでネタバレ!?

2位→ ほっしゃんと高橋一生が大河初共演!【おんな城主 直虎】

3位→ おんな城主 直虎 光浦靖子の役柄は?【13話】4/2

4位→ おんな城主 直虎 盗賊団役に柳楽優弥、真壁刀義、マキタスポーツら

おんな城主 直虎 第16話の関連記事

→ おんな城主 直虎 16話 感想 4/16(準備中)

→ おんな城主 直虎 視聴率速報16話 4/16(準備中)

→ おんな城主 直虎 16話 高橋一生の感想4/16(準備中)

→ おんな城主 直虎 【17話】あらすじネタバレ 4/30 消された種子島

 

[PR]

おんな城主直虎見逃したならU-NEXT