おんな城主 直虎 【14話】の感想

4月9日に放送された「おんな城主 直虎」の第14話の感想です。14話は、色々あって泣いたり笑ったりと、最後は心温まる内容だったなと言うのが感想です。戦国時代のドラマとしては物足りないなどの感想もあるようですが、ほぼ無名だった領主を題材にしたドラマだけに、脚本家は普段履きの領主と村人のやり取りを自由に描けたのだと思いました。

【感想】心温まる14話だった

14話の出だしこそ、直虎が諦めて今川家の言う通りに徳政令を出すのかと思われました。しかし、守護不入の裏ワザを切り出して小野政次を驚かせたのはあっぱれでした。

おんな城主 直虎14話小野政次
画像引用元:http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story14/

しかし、その後は小野政次が裏で手を回して村人を逃散させ、直虎に対抗しようとしました。今川家から徳政令を出させるとか、村人を利用するなど、何かと悪知恵を働かせる小野政次ですが、直虎には勝てなかったですね。

小野政次は、蜂前神社で徳政令を出す書類を直虎に書かかせようとしたのも失敗しました。なぜか蜂前神社で亀が出て来て、直虎が書こうとしていた紙の上で動かなくなる、おとぎ話のような場面があったのですが、あまりにも亀の演技が出来過ぎていたので、ちょっとびっくりしましたね。

おんな城主 直虎14話亀
画像引用元:http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story14/

自ら僧侶達を連れて夜中に率先して田植えをした直虎の姿を見た村人達が、ぞろぞろと茂みの中から出て来て、田植えを手伝うのはどこかの映画で見たようなシーンでした。直虎が井伊のためではなく村人のために田植えをしていると説いたことから、それまで反抗していた村人が、心を開いて直虎の言うことに従うようになったところは、心が温まりました。ほのぼのとさせるところは、14話までにはない物語の展開でした。

12話までの謀反や陰謀、戦の連続とはまったく違った流れになっていて、大河ドラマというより月9のような内容でした。

14話の感想をSNSで見てみる

【感想】小野政次も捨てたもんじゃない

小野政次が直虎に負けたときの蜂前神社の禰宜(ねぎ)との会話。

禰宜:「捕らえたのは、村の心にございましたか。厄介にございますぞ、ああ言う手合は・・・・」
小野政次:「知っておる、昔から・・・。」

昔からと言うのがポイントですね。さすが幼なじみです。言うこともさることながら、この表情で小野政次の内心が分かって、なんだかほっとしましたね。高橋一生さんのファンがまた増えそう。

【感想】味のあるドラマだ

合戦シーンがなかったり、ナレ死が多くて、期待はずれなところもあるけど、見どころを理解すれば、違った楽しみ方ができる大河ドラマだ。

【感想】亀(亀之丞)=直親、分かりやす過ぎない?

直親がこんな姿になって出てくるとは。でも、この亀よく出来ている。

【感想】傑山最高!

傑山ファンにはたまりませんね。領主の直虎が僧侶の傑山を、単に「傑山さん」と呼んでいるのが不思議な感じがした。今回は出番が多かったので良かったし、よく喋った。

【感想】似てる(^o^)

中野直之が直虎に反抗して吠えまくっているけど、奥山六左衛門が反抗しつつも最後は直虎に頭を下げるところが、ちょうどバランスが取れていて良かった。今話は、二人の役割が大きい。

【感想】ダンカン、今川義元みたい

よしもと、笑点に続いて、今度はたけし軍団ですね。ダンカンさんは、小野政次と内通している悪役でした。春風亭昇太さんを思い出させる不気味な風貌でした。なぜかお笑い出身の人は、悪役ばかりですね。

おんな城主直虎家系図今川義元
画像引用元:http://www.nhk.or.jp/naotora/cast/detail/imagawayoshimoto.html

人気の記事

→ 高橋一生のアンアン画像が全部インスタでネタバレ!?

→ ほっしゃんと高橋一生が大河初共演!【おんな城主 直虎】

→ おんな城主 直虎 光浦靖子の役柄は?【13話】4/2

→ おんな城主 直虎 盗賊団役に柳楽優弥、真壁刀義、マキタスポーツら

あなたへのおすすめ記事

→ おんな城主 直虎 高橋一生 第14回の感想4/9

→ おんな城主 直虎 14話 キャスト一覧 4/9

→ おんな城主 直虎 14話まとめ動画(NHK公式)

→ おんな城主 直虎 15話あらすじネタバレ4/16

[PR]

おんな城主 直虎見るならU-NEXT