おんな城主 直虎 第16話の視聴率速報 4/23

4月23日放送の「おんな城主 直虎 第16話」の視聴率速報が発表され、前回の第15 回の視聴率14.4%から0.7ポイントダウンの13.7%となりました。(ビデオリサーチ調べ)

前回の第15話で視聴率が14.4%となり、少し盛り返したところだったのですが、また視聴率がダウンしてしまいました。第5話で16.0%を記録して以来、13%や14%代をうろうろし、悪ければ12%代まで視聴率が落ち込むような状況です。今回の16話でまた13%代まで落ち込んでしまったのですが、その原因を考えてみたいと思います。

第1話から第16話までの視聴率一覧

第1話から第16話までの視聴率を一覧表にしてみました。

視聴率 先週比 真田丸
1話 16.9 19.9
2話 15.5 ▲1.4 20.1
3話 14.3 ▲1.2 18.3
4話 16.0 1.7 17.8
5話 16.0 0 19.0
6話 14.5 ▲1.5 16.9
7話 12.9 ▲1.6 17.4
8話 13.4 0.5 17.1
9話 14.0  0.6  16.6
10話 12.5 ▲ 1.5 16.2
11話 13.7  1.2  15.6
12話 12.9  ▲0.8 17.9
13話  13.1 0.2  17.5
14話  12.9 ▲0.2  17.1
15話 14.4 1.5 18.3
16話 13.7 ▲0.7 16.9

前回の大河ドラマ「真田丸」の第16話が16.9%でした。これは「おんな城主 直虎」の初回と同じ数字です。数字から見ると、やはり「真田丸」の人気の高さがよく分かります。「おんな城主 直虎」の脚本は素晴らしいので、「真田丸」とはまた違った見どころがあるのですが、数字を見る限り厳しいですね。それでも、他のドラマの視聴率が10%行かないくらいなので、比べるものが変わると13.7%でも決して悪くはないのです。

おんな城主 直虎 第16話のあらすじ

第16話は直虎が今川家の寿桂尼から後見を認められて、井伊谷に帰って来るところから始まります。村人が総出で迎えてくれるほどの歓迎ぶりでした。

瀬戸方久が木綿の栽培を持ちかける

おんな城主 直虎16話井伊直虎
画像引用元:http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story16/

祝の品として瀬戸方久が持って来たのが、木綿でした。まだ木綿がなかったころに、温かくて柔らかい木綿がこれから飛ぶように売れるはずだと、方久が瀬戸村で綿の栽培を直虎に勧めたのです。

百姓を借りに行くが行く先々で断られる

しかし、村人の甚兵衛は、三年間は年貢が免除される「三年荒野」の話しもあって育てたいのは山々だが、あいにく村には人がいないと困ってしまいます。そこで直虎は百姓を集めるために六左衛門の親戚の鈴木重時のところへ向かうのですが、すぐ貸すほどの人手はないと断られてしまいます。また、近藤と菅沼のところへも行くのですが、まったく話しになりません。

小野政次が直虎のところへ行ったときに、直虎と六左衛門がいないことに気づき、おかしいと思った政次は蜂前神社の禰宜に事情を探りに行きます。夕方になって直虎と六左衛門が戻って来ると、瀬戸村へ様子を見に来てほしいと瀬戸方久から知らせが届きます。

木綿は育たず

瀬戸村に行ってみると、綿はまったく育っておらず、水も肥料もやっているのに芽が出ないと言う有り様でした。そこで、直虎は綿の栽培と人集めのために、他の村を当たることにします。

奇妙な男と出会う

おんな城主 直虎16話盗賊団の頭
画像引用元:http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story16/

村中を探したて疲れ果てた直虎が水筒に水を汲みに行くと、奇妙な男と出会います。奇妙な男から人を買うことを教えられた直虎は、すぐに瀬戸村に戻ります。

方久の茶屋に行って人集め

村に戻ると方久と村人が集まっていて、畑一面には綿の芽が出ていました。あとは人手を確保するだけになった直虎だが、戦場に行って人を買うことはできないので、人の集まる方久の茶屋で情報を集めることにしたのです。

おんな城主 直虎16話茶屋
画像引用元:https://twitter.com/hashtag/おんな城主直虎

茶屋で人の話しに聞き耳を立てていると、「噂をながされてはいかがか」と、突然背後から政次が現れました。そして、「領主にとっては何のうまみもない話だが、百姓にとっては大きなうまみがある。この話が百姓の耳に入れば井伊に逃げて来るものも出てくるのではないか」と言って政次は去って行ったのです。

直之と方久が芝居を打って噂を流す

そこで直之と方久は、瀬戸村ではタダで土地がもらえると、周囲の人に聞こえるようにわざと大きな声で会話しました。そんなことを一日中続けた甲斐があって、翌日には瀬戸村に百姓たちが集まるようになったのです。

寿桂尼が倒れる

小野政次がいつも通りに駿府へ行くと、寿桂尼が倒れたと家臣の菅沼忠久から耳打ちされます。

おんな城主直虎の見逃し配信は<U-NEXT>

第16話視聴率下降の原因は?

今回は新しいキャストとして盗賊団の頭役の柳楽優弥さんが初登場したのですが、前回の第15話で新しいキャストが多数出尽くしたことで、今ひとつインパクトが弱くなってしまったのかもしれません。

また今回の物語の内容が、百姓が足りないから集めに出かけて、結果的に人がたくさん集まると言う展開が単純だったことも、視聴率に影響しているかもしれません。

さらに、裏番組で世界フィギュアスケートとボクシングの世界戦が放送されていたことも、影響しているでしょう。

視聴率下降の原因は、ドキドキ感がなかった から

前回の第15話では視聴率が1.5%上がったのですが、寿桂尼と直虎の緊迫したやり取りが「この先どうなるのだろう。」と思わせる期待感と高揚感がありました。また、直虎が小野政次に後見を降りると言って嘘をついて、直虎が直之の衣装を着て男装して小野政次と寿桂尼の前に現れたとことは、いい意味で期待を裏切ってくれたので、拍手したくなるような爽快感がありました。

おんな城主 直虎15話井伊直虎中野直之
画像引用元:http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story15/

最後には、大どんでん返しが用意されていたところも、面白さだけでなく、ハラハラ、ドキドキさせられる面白さがありました。

やはり、ストーリー展開にはワクワク感やドキドキ感が必要で、そのためには視聴者の予想のつかない展開を繰り広げる必要があります。先が予想できないからこそ意外性が期待できるので、非日常的な気分が味わえて見ていて楽しいのだと思います。

今回は、前半部分は笑わせる場面こそありましたが、あくまでもコミカルな面白さだけで意外性や高揚感がなかったです。直虎の人集めの件は、政次が直虎に入れ知恵したくらいで大きなどんでん返しもなく、平凡に終わってしまった感じがあります。

大河ドラマは、一回で完結してしまう内容が多いので、次をどうしても見たいと言う気が起こりにくいです。もし、前回の寿桂尼と直虎のやり取りが結末を見せずに終わっていたら、もう少し今回の視聴率も上がっていたかもしれません。今回は寿桂尼が倒れたと政次が菅沼忠久から耳打ちされたところで終わっているので、次回への期待感があまり感じられませんでした。

人気の記事

1位→ 高橋一生のアンアン画像が全部インスタでネタバレ!?

2位→ ほっしゃんと高橋一生が大河初共演!【おんな城主 直虎】

3位→ おんな城主 直虎 光浦靖子の役柄は?【13話】4/2

4位→ おんな城主 直虎 盗賊団役に柳楽優弥、真壁刀義、マキタスポーツら

第16話のおすすめ記事

→ おんな城主 直虎 16話の感想 4/23 「綿毛の案」

→ おんな城主 直虎 高橋一生 第16回の感想4/23

→ おんな城主 直虎17話あらすじネタバレ4/30 「消された種子島」

[PR]

おんな城主直虎観るなら<U-NEXT>