おんな城主 直虎 第21話の視聴率速報 5/28

5月28日放送の「おんな城主 直虎 第21話」の視聴率速報が発表され、前回の第20回の視聴率14.5%から1.3ポイント下がって13.2%となりました(ビデオリサーチ調べ)。前回は、0.9ポイント上がったのですが、第21話の視聴率は再び下降してしまいました。

第21話の感想はこちら
→ おんな城主 直虎 21話 感想 5/28 「ぬしの名は」

第1話から第21話までの視聴率一覧

第1話から第21話までの視聴率を一覧表にしてみました。

視聴率 先週比 真田丸
1話 16.9 19.9
2話 15.5 ▲1.4 20.1
3話 14.3 ▲1.2 18.3
4話 16.0 1.7 17.8
5話 16.0 0 19.0
6話 14.5 ▲1.5 16.9
7話 12.9 ▲1.6 17.4
8話 13.4 0.5 17.1
9話 14.0  0.6  16.6
10話 12.5 ▲ 1.5 16.2
11話 13.7  1.2  15.6
12話 12.9  ▲0.8 17.9
13話  13.1 0.2  17.5
14話  12.9 ▲0.2  17.1
15話 14.4 1.5 18.3
16話 13.7 ▲0.7 16.9
17話 11.0 ▲2.7 17.0
18話 14.3 3.3 19.1
19話 13.6 ▲0.6 17.0
20話 14.5 0.9 18.7
21話 13.2 ▲1.3 16.8

第8話あたりから視聴率が13%から14%台で推移していて、第21話もほぼ定位置に収まった感じです。これまでに12%が4回あったのですが、さすがに12%以下になると黄色信号が点滅です。

おんな城主 直虎 第21話のあらすじ

気賀に行った直虎が行方不明に

瀬戸方久(ムロツヨシ)のすすめで綿布の商いを進めるために直虎(柴咲コウ)と六左衛門(田中美央)、方久は気賀の中村屋の与太夫(本田博太郎)を訪ねた。与太夫は、気賀は東へ西へ、そして異国へも売り先を求めることができる場所であることを説明した。

おんな城主 直虎21話気賀瀬戸方久
画像引用元:http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story21/

直虎と六左衛門が気賀の町を見ていると、突然一人の子供が直虎にぶつかって、挨拶もせずに立ち去った。気がつくと直虎の銭袋がなくなっていた。

おんな城主 直虎21話子供
画像引用元:http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story21/

直虎が子供の後を追いかけて捕まえると、子供は別の子供に銭袋を放り投げて渡した。直虎はさらに子供を追いかけて、町はずれまで来たところで子供を追い詰めた。そのとき直虎は、背後から頭に一撃をくらって意識を失った。

盗賊団の頭は知っている男だった

行方不明になった直虎の後を追って六左衛門が探したが直虎は見つからず、とりあえず井伊へ知らせるために、一旦井伊に帰ることにした。直虎が夜になって意識を取り戻すと、子供達が地下牢に食事を持って来た。地下牢の上では大男たち数人のごろつきがご飯を食べていた。

→ おんな城主 直虎 盗賊団役に柳楽優弥、真壁刀義、マキタスポーツら

子供が捕らえた女が自分は井伊の領主だと言っている、と聞いた男が様子を見に行くと、男は直虎が知っている水浴びの男(柳楽優弥)だった。こんな形で再会するとは思いもよらない二人だった。

→ おんな城主 直虎 16話のキャスト 柳楽優弥は盗賊団の頭

おんな城主 直虎21話井伊直虎龍雲丸
画像引用元:http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story21/

盗賊団は身代金を要求するが計画は失敗

井伊では中村屋に届けられた手紙を方久が持ち帰り、政次(高橋一生)、六左衛門、祐椿尼(財前直見)、高瀬(高橋ひかる)らが見守る中で、直之(矢本悠馬)が手紙を読み上げた。それは、井伊に身代金を要求する手紙だった。

おんな城主 直虎21話六左衛門中野直之
画像引用元:http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story21/

翌日、指定された場所に直之や六左衛門らがお金を持って行くと、眠らされていた直虎以外に誰もいなかった。

おんな城主 直虎21話中野直之
画像引用元:http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story21/

謀られたと悟った直之は、狙いが馬だと分かった。馬を盗もうとしていた一味は、人の気配に気づき退散した。傑山(市原隼人)が木陰から矢を放っていたのだった。

無事、井伊に戻った直虎は、評定を開いて盗賊をどうするか話し合った。直虎は盗賊を罰しないことに決めたので、直之は反対したが、その場は引き下がった。

直虎と頭が1対1で対決

その後、方久が直虎に材木の商いをしないかと持ちかけた。木を切る人が井伊にはいなかったので、直虎はある考えを思いついた。直虎は南渓和尚(小林薫)に、気賀と井伊谷の間にある寺の一室で、頭と一対一で話し合うように図らってもらった。

直虎は頭と対面すると、卑しいことをしながら生きるのは幸せなことなのか、なぜ卑しくなくても生きて行ける世の中を作らないのかと、頭に聞いた。頭は世の中なんて作れるはずがないと笑い出したが、直虎は「やってみないと分からない、だからできることしかやらない腹いせの泥棒なのだ」と負けてはいなかった。

おんな城主 直虎21話柳楽優弥
画像引用元:http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story21/

直虎は頭に木を切る仕事を頼む

言葉に詰まった頭に直虎は、木を切る仕事を請け負わないかと持ちかけた。なぜ自分達に声をかけるのかと頭が直虎に聞くと、「武家は泥棒かもしれないが、われはそれを認めるのは御免じゃ。ならば泥棒と言われぬ行いをするしかない。詰まるところは、己のためじゃ」と、嘘のてらいもなく言い切った。

そんな直虎の態度を見直した頭は、木を切ることを承諾した。頭の名前は龍雲丸と言った。

おんな城主直虎の見逃し配信は<U-NEXT>

第21話の視聴率を独自解説!

第21話は、めちゃくちゃ視聴率が落ち込んだと言うわけではないので、それほど内容が悪かったとは言えないです。ここ数話は、これまでとは内容がガラッと変わって、「おんな城主 直虎」がホームドラマ化した感じがあります。

ちょうど直親が亡くなって直虎が女城主となった後から謀反や争いがパタリと無くなり、直虎を中心とする井伊家にまつわる騒動が描かれるようになりました。瀬戸方久の出現や、徳政令の件、龍雲丸との出会い、虎松の成長、高瀬の登場など、戦とはほぼ無縁の話題が続いています。

井伊家対今川家の対立は続いていますが、井伊の誰かが暗殺されるようなこともなく比較的平和な時間が流れています。史実とはあまり関係のない内容が続いているので、視聴者はどのような展開になるのか先が分かりにくくなっています。

あらすじに沿って、史実を確かめながらドラマを追って行くのが大河ドラマの楽しみの一つなので、先の流れがどうなるか分かりにくいのも視聴率がパッとしない要因だと思われます。

ただ直虎のキャラクタは楽しく、真っ直ぐな心で人を引きつける魅力があるので、そこのところを理解して見るようにすると面白いドラマなのですが、視聴率から見る限り、そうなっているとは言えないでしょう。

第21話もそうでしたが、コミカルな中に直虎が人を引きつけて行く展開が多いです。

村人が最初は徳政令に反対していたが、直虎が村人が豊かにならないと井伊も豊かにならない、そして今川も豊かにならないと言って、村人を納得させたり、村人の署名によって寿桂尼に後見を認めてもらったり、引っ込み思案だった虎松を芯のある子供に教育したりと、次々と状況を好転させる力が直虎にあります

ですが、見る方としてはそれだけでは物足りないのも事実で、視聴者としては合戦シーンが見たかったり、ドキドキハラハラするような展開を望んでいたりします。龍雲丸と一味も一筋縄では行かないのは明らかですが、龍雲丸もいずれは直虎の力になるような気がします。

ドラマの行方としては、このまま直虎を中心とした井伊家の生き様を中心に描いていくのか、それとも武田、織田、徳川と今川の争いに井伊家がどのように関わって行くのかを中心に描いて行くのかによって、視聴者と視聴率も大きく変わるでしょう。


おんな城主直虎の見逃し動画は<U-NEXT>

人気の記事

1位→ 高橋一生のアンアン画像が全部インスタでネタバレ!?

2位→ おんな城主直虎 あらすじネタバレ最終回はいつ?直虎の最期はどうなる?

3位→ おんな城主 直虎 9話 タジマは小野政次のこと

4位→ ほっしゃんと高橋一生が大河初共演!【おんな城主 直虎】

おすすめ本&DVD

第21話のおすすめ記事

→ おんな城主 直虎 20話の感想 5/21

→ おんな城主 直虎 21話 あらすじネタバレ 5/28

→ おんな城主 直虎 22話 あらすじネタバレ 6/4

→ おんな城主 直虎 23話 あらすじネタバレ 6/11

→ おんな城主 直虎 24話 あらすじネタバレ 6/18

→ おんな城主 直虎25話 あらすじネタバレ 6/25

→ おんな城主 直虎 26話 あらすじネタバレ 7/2

→ おんな城主 直虎 27話 あらすじネタバレ 7/9

→ おんな城主 直虎 28話 あらすじネタバレ 7/16

→ おんな城主 直虎 29話 あらすじネタバレ 7/23

→ おんな城主 直虎 30話 あらすじネタバレ 7/30



おんな城主直虎観るなら<U-NEXT>