おんな城主直虎7話キャスト
画像引用元:http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story06/

7話の主な登場人物とキャスト一覧

 登場人物 俳優・女優・子役 関係
井伊家    
井伊直虎(いいなおとら) 柴咲コウ 主人公。
井伊直盛(いいなおもり) 杉本哲太 直虎の父
千賀(ちか) 財前直見 直虎の母
井伊直平(いいなおひら) 前田 吟 直虎の曽祖父
井伊直親(いいなおちか) 三浦春馬 =亀之丞、おとわのいいなづけ、幼なじみ。
しの 貫地谷しほり 直親の妻
 井伊家家臣    
小野政次(おのまさつぐ) 高橋一生 =鶴丸、おとわのいいなづけ、幼なじみ。
小野玄蕃(おのげんば) 井上芳雄 政直の次男、政次の弟
しの 貫地谷しほり 奥山朝利の娘
なつ 山口紗弥加 しのの妹、小野玄蕃の妻
龍潭寺    
南渓和尚(なんけいおしょう) 小林薫 住職
昊天(こうてん) 小松和重 僧侶
今川家    
今川義元(いまがわよしもと) 春風亭昇太 今川家11代当主
瀬名(せな) 菜々緒 築山殿(つきやまどの)、佐名の娘
岩松(いわまつ) 木村祐一 今川家の家臣
徳川家康(とくがわいえやす) 阿部サダヲ 今川家の人質、幼少期は「竹千代」のち松平元康

 

[PR]


第7話には木村祐一さんが初登場

画像引用元:http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story06/

 

第7話では、今川家の家臣で検地を担当する岩松役を木村祐一さんが演じます。

 

「おんな城主 直虎」のキャストの中では、ただ一人のお笑い出身のキャストですが、

木村さんが、生真面目で緻密な岩松をどう演じるのか面白いところです。

 

第7話では、井伊直親が井伊家の家督を継ぐことを今川家に認めてもらうために、

当主の今川義元にお伺いを立てたところ、

その条件として井伊谷の地検を行えと言うことになりました。

 

しかし、直親の曽祖父の井伊直平は、

隠し里を川名に持っているのですが、

それがバレるのを恐れて地検に反対します。

 

「すべらない話」で、面白い話を連発していたイメージとはあまりにもかけ離れた役ですが、

意外と根は真面目だそうで、やはり真面目でないとトップ芸人になれないし、

その地位を継続することも難しいですからね。

 

役どころとしては、あまりペラペラ喋る地検役だと威厳がなさすぎるので、

喋らない方がいいので、その辺りをキム兄がどう演じるかですね。

 

直親が前夜に食事とお酒の接待でもてなそうとも、

感情を表に出さずにそっけない態度を岩松は見せます。

 

しかし岩松は、翌日には緻密な作業を行いながら、川名の隠し里を見つけてしまうのです。

 

ほとんど頷くいてばかりで無表情でセリフも少なく、

イメージとは程遠い演技でしたが、

役者としての木村祐一さんを新たに発見した感じでした。

 

演技を見ていても、木村さんのキャスト選択は正しかったようですね。

[PR]

7話で鍵を握る阿部サダヲさんの竹千代役

 

おんな城主直虎岩松
画像引用元:http://www.nhk.or.jp/naotora/cast/detail/tokugawaieyasu.html

井伊直親は、地検の前に直虎の元へどうすれば隠し里を

見つからないようにできるのか相談に行きました。

 

直虎は、今川家から情報を得ようと考えたのですが、

直虎は子供のときに今川家の瀬名とは顔なじみだったので、

瀬名から地検の情報を聞き出すことにしたのです。

 

瀬名の屋敷には竹千代(のちの徳川家康)がいたのですが、

竹千代は検地奉行から算術を教えてもらっていたことから、

岩松のことは知っていました。

 

竹千代は、地検役の岩松が数と算術が得意で、

亡き妻のことを今でも想っているとの情報を瀬名に知らせます。

 

瀬名からの手紙を受けっとた直虎は、

その情報を元に直親を助けに行くのです。

 

竹千代が検地奉行のことを知らなかったら、

直親はこのピンチを切り抜けることはできなかったかもしれません。

 

そう考えると、竹千代の存在は大変大きいと言えますね。

今後の今川家と井伊家にも甚大な影響を及ぼすことになる人物だけに、

目が離せません。

[PR]