2月18日の「西郷どん」第7話の「背中の母」、吉之助の妻の須賀として橋本愛さんが始めて出演しました。

吉之助の母の容態が良くないので、吉兵衛が嫁をもらうようにと、半ば強制的に結婚させられた吉之助でした。

吉之助は、江戸行きの話が起こったときだけに、江戸に行きたくてたまらなかったはずでした。

しかし、生来優しい吉之助は、母のことを思って江戸行きは志願せず、母の最期を見届けたのでした。

結婚したのは良かったのですが、須賀があまりにも無愛想で気が利かないばかりか、母に上げるべきうなぎを食べたり、勧められたお酒を飲み干したりと、変なことろに遠慮がないために、家族や周囲の人たちも心配していました。

そんな無愛想な須賀を演じていたのが、橋本愛さんです。

 

 

スポンサーリンク



西郷どん須賀役・橋本愛さんのプロフィール

橋本愛
画像引用元:http://everyday-e-news.com/people/hashimotoai/

 

橋本愛さんのプロフィール

生年月日: 1996年1月12日(22歳)
出生地:熊本県熊本市
身長: 165 cm
血液型: O型
職業: 女優
ジャンル: 映画・テレビドラマ
活動期間: 2010年~
事務所: ソニー・ミュージックアーティスツ

おもな映画

『告白』
『管制塔』
『アバター』
『Another アナザー』
『桐島、部活やめるってよ』
『リトル・フォレスト』
『寄生獣』二部作

おもなテレビドラマ

『あまちゃん』
『若者たち』

西郷どん須賀役・橋本愛さんのデビュー裏話

橋本愛さんのデビューの理由はユニークで、橋本三姉妹の中で一番顔が濃いと言う理由だけで、ミーハーな母が2008年にニューカム「HUAHUAオーデション」に応募し、グランプリを受賞しました。

それで芸能界にデビューし、同年に開催された「第33回ホリプロスカウトキャラバン」で、最終候補者に選ばれるも、特別賞の受賞は逃しました。

2009年には、雑誌「セブンティーン」のミスセブンティーンにグランプリ受賞者の中で最年少で選ばれました。

同年には映画「Give and Go」で初主演し、とくに2013年にヒットした「桐島、部活やめるってよ」での演技が評価され、第89回キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞、日本アカデミー賞新人俳優賞などを受賞しました。

また、同じ年に、「あまちゃん」にも出演し、女優として脚光を浴びました。

西郷どん須賀役・橋本愛さんは漫画好き

橋本愛さん本人は、3姉妹の二女で、熊本出身のため「西郷どん」とはゆかりがあります。

熊本だけに、くまモンも好きだそうです。

中学時代には、バドミントン部に所属し、趣味が漫画、サイクリングで、目標とする女優は志田未来さんだそうです。

西郷どん須賀のSNSの感想は?

色々な意見がありますが、キレイだと言う感想が多いです。

 

 

ちなみに、原作では嫁の貰い手もないくらい外見がひどいようなことを書いてあったのですが、ドラマでは須賀がものすごく美人だったので驚きました。

 

 

この記事がよければポチッと1クリックお願いします
↓   ↓   ↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

 

 

スポンサーリンク