西郷どんのあらすじや、原作者、キャスト、脚本家、テーマ音楽作曲者、ナレーションの紹介です。

西郷どんのあらすじ

貧しい下級武士の7人兄弟の長男として生まれた西郷吉之助(隆盛)は、家計を補うため役人の補佐として働くが、困った人を見ると放っておけず、自分の給金も弁当も全部与えてしまうお人好し。

だが、薩摩藩の島津斉彬(しまず なりあきら)に仕えたことをきっかけに、江戸へ上ったことから中央政権に近づくことになる。

激動の時代に生きた西郷と、将軍、3度の結婚で出会った3人の女性、そして坂本龍馬、勝海舟と言った歴史に名を残す人物達との出会いが隆盛の運命を決める。

波乱に満ちた生涯のなかで、揺るぎなき革命家として目覚めた西郷は、開国をめぐる江戸幕府と朝廷の争いを経て、やがて明治維新を成し遂げる。

→ 西郷どんのさらに詳しいあらすじ

西郷どんのキャスト

・西郷隆盛・・・鈴木亮平
・愛加那・・・二階堂ふみ
・篤姫・・・北川景子
・大山格之助・・・北村有起哉
・有村俊斎・・高橋光臣
・村田新八・・・堀井新太
・ふき・・・高梨 臨
・タマ・・・田中道子
・赤山靱負・・・沢村一樹
・桂 久武・・・井戸田潤
・幾島・・・南野陽子
・島津斉興・・・鹿賀丈史
・由羅・・・小柳ルミ子
・島津斉彬・・・渡辺 謙
・島津久光・・・青木崇高
・喜久・・・戸田菜穂
・山田為久・・・徳井 優
・大久保利通・・・瑛太
・岩山 糸・・・黒木 華
・西郷 琴・・・桜庭ななみ
・西郷吉二郎・・・渡部豪太
・西郷従道・・・錦戸亮
・熊吉・・・塚地武雅
・西郷吉兵衛・・・風間杜夫
・大久保次右衛門・・・平田 満
・大久保満寿・・・ミムラ
・西郷満佐子・・・松坂慶子
・阿部正弘・・・藤木直人
・月照・・・尾上菊之助
・調所広郷・・・竜 雷太
・井伊直弼・・・佐野史郎
・德川家定・・・又吉直樹
・德川斉昭・・・伊武雅刀

→ 西郷どんキャストの詳しいプロフィール

スポンサーリンク



西郷どん原作者

原作・・・林真理子さん

西郷どん原作林真理子
画像引用元:https://cinemagene.com/post-6141/

山梨県山梨市出身。山梨県立日川高等学校を経て、日本大学藝術学部文芸学科を卒業。

コピーライターとして活動の後、1982年(昭和57年)に出版したエッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が、処女作にしてベストセラーとなった。さらに1986年(昭和61年)には、『最終便に間に合えば』『京都まで』で直木賞を受賞し、小説家としての地位を確立した。

林真理子さんの功績は、 1980年代以降において、「ねたみ・そねみ・しっとを解放」したことであるとも評される。

林は現在、直木賞の選考委員のほか、講談社エッセイ賞、吉川英治文学賞、中央公論文芸賞、毎日出版文化賞選考委員を務めている。

林真理子さんのプロフィール

誕生日:1954年4月1日(63歳)
出身地:山梨県山梨市
職業 :小説家・エッセイスト
最終学歴:日本大学藝術学部文芸学科
活動期間:1982年~
ジャンル:小説・随筆

代表作

『ルンルンを買っておうちに帰ろう』(1982年)
『最終便に間に合えば』(1985年)
『不機嫌な果実』(1996年)

主な受賞歴

直木三十五賞(1986年)
柴田錬三郎賞(1995年)
吉川英治文学賞(1998年)
島清恋愛文学賞(2013年)
デビュー作 『ルンルンを買っておうちに帰ろう』(1982年)
(引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/林真理子)

西郷どん脚本

脚本・・・中園ミホさん
中園ミホ
画像引用元:https://dot.asahi.com/wa/2014091900068.html

中園ミホさんは、10歳のときに父を、19歳にときに母を亡くす。日大芸術学部を卒業したのち、広告代理店に入社。

会社の同僚がシナリオ講座に申し込んだものの行けなくなり、代わりに出席しノートを録ったのがシナリオ創作との出会い。

1年3か月で広告代理店を退職したのち、コピーライター、四柱推命の占い師などの職業を経験。

偶然知り合った脚本家の田中陽造の清書係に就く。その後、同じく脚本家の桃井章と知り合い、桃井の妻を世話するなど懇意になり、これらをきっかけにシナリオライターとなる。

1988年、『ニュータウン仮分署』でデビュー。

中園ミホさんのプロフィール

本名:中園 美保
誕生日:1959年7月16日(58歳)
出身地:東京都中野区

テレビドラマ

『Age,35 恋しくて』
『やまとなでしこ』
『スタアの恋』
『anego[アネゴ]』
『ハケンの品格』
『Doctor-X 外科医・大門未知子』
『花子とアン』
『西郷どん』

受賞

第33回放送文化基金賞(2007年)
放送ウーマン賞2007
第21回橋田賞(2013年)
第31回向田邦子賞(2013年)
東京ドラマアウォード2015 脚本賞
(引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/中園ミホ)

西郷どんテーマ曲作曲者

テーマ曲・・・富貴晴美(ふうき はるみ)さん

 

富貴晴美
画像引用元:https://matome.naver.jp/odai/2140757977121926701

 

作曲家・編曲家、ピアニスト。大阪府出身。 国立音楽大学作曲科を首席で卒業。

映画『わが母の記』『日本のいちばん長い日』で日本アカデミー優秀音楽賞を2度受賞。

連続テレビ小説『マッサン』等、数々の話題作の音楽を手掛ける。

富貴晴美さんのプロフィール

生年月日:1985年6月4日(32歳)
出身地:大阪府
学歴:国立音楽大学大学院音楽研究科修了
ジャンル:ドラマ、映画、アニメ
職業:作曲家、ピアニスト
事務所:インスパイア・ホールディングス
公式サイト http://www.harumifuuki.com/
(引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/富貴晴美)

西郷どんナレーション

ナレーション・・・西田敏行さん

西田敏行
画像引用元:https://www.oricon.co.jp/news/2089366/photo/1/西田敏行

西田敏行さんのプロフィール

本名:西田 敏行(にしだ としゆき)
生年月日:1947年11月4日(70歳)
出生地:福島県郡山市
身長:166cm
血液型:B型
職業:俳優、歌手、タレント、司会者

1970年に劇団青年座に入団。

翌年、舞台『写楽考』で初の主演を務める。

1981年にリリースしたシングル「もしもピアノが弾けたなら」が、51万枚を超えるヒットを記録。

以降は俳優として映画・ドラマ・舞台で活躍し、数多くの作品で主演を務める。

代表作である映画『釣りバカ日誌』は、人気シリーズとして1988年~2009年まで公開された。

テレビドラマ

『特捜最前線』
『西遊記』
『池中玄太80キロ』
『おんな太閤記』
『翔ぶが如く』
『八代将軍吉宗』
『葵 徳川三代』
『白い巨塔』
『タイガー&ドラゴン』
『八重の桜』
『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』

映画

『釣りバカ日誌』シリーズ
『敦煌』
『学校』
『ステキな金縛り』

バラエティー番組など

『探偵!ナイトスクープ』
『人生の楽園』

(引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/西田敏行)

ナレーションは、市原悦子さんの予定でしたが、体調不良により西田敏行さんに変更になりました。

 

スポンサーリンク



あなたにおすすめの記事

→ 西郷どん!マンガ全巻を無料で立読みする方法を紹介!

→ 西郷どんの宿泊プランが城山観光ホテルに早くも登場!

→ 大河ドラマ館のイメージ発表 開館は2018年1月13日

→ ロケ地観光地|奄美大島の見どころとグルメスポット