6月24日『西郷どん』第24話「地の果てにて」の感想です。

薩摩の国父、島津久光(青木崇高さん)の命により自身二度目の島流しとなった西郷吉之助(鈴木亮平さん)、妻の愛加那(二階堂ふみさん)や子供たちと再会します。

しかし、更に南の沖永良部島に流された上、牢にて監禁されることとなり、生死を彷徨うこととなっていきます。

この記事では『西郷どん』第24話で心に残った場面を中心に感想を書いてみたいと思います。

 

 

スポンサーリンク



西郷どん第24話の感想・愛加那との感動の再会!でも・・・

 

徳之島へ島流しとなった吉之助のところへ、愛加那と兄の富堅(高橋努さん)、そして二人の子どもが危険を冒しながら会いにやってきます。

一方、京での働きが朝廷に認められた久光は、一橋慶喜(松田翔太さん)、松平春嶽(津田寛治さん)と面会します。

久光が「我が兄になりかわり、共に日本を変えましょう」と持ちかけると、慶喜は鼻で笑い、「お前はただの芋じゃ、俺と話したければ西郷を連れてこい、芋では話にならん」と一蹴します。

久光も一橋慶喜から「芋」呼ばわりされ、藩士からは「らっきょ」呼ばわりされ、踏んだり蹴ったりですね。

そんなこともあってか、再び訪れた家族一緒の日々もつかの間、5日目にして薩摩の役人がやってきてさらに南の沖永良部島への移動を命じます。

今回は吉之助も大久保一蔵(瑛太さん)の計らいによる帰還を信じてか、すんなり応じましたね。

覚悟の上とは言え二度も別れを強いられた愛加那にはかわいそうの一言しかありませんが・・

西郷どん第24話の感想・土持鶴、川口雪篷、ユニークな沖永良部の人たち

 

沖永良部島へ流された吉之助は、前回の大島と違って重罪人として送られたため、住まいを与えられるどころか、牢に入れられます。

牢といっても丸太で囲っただけの小屋ですぐに逃げ出せそうな所が遠島らしくていいなと思いましたが。笑

しかしここでも吉之助の人柄に惚れる人物がいました。吉之助を監視する役人の土持政照(斎藤嘉樹さん)です。

正照は本来罪人に与えてはならない食事を吉之助に食べてもらおうと差し出したりと気遣います。

そこへ謎の酒飲み男、川口雪蓬(石橋蓮司さん)が現れます。

 

土持政照の母、鶴も大島蓉子さんが演じていますが、ちょっとコミカルなことろのある演技でクスっと笑わせてくれました。

鶴と言い、川口雪篷と言い、沖永良部島にはクセのある人物がいて面白いですね。

 

→ 西郷どんキャスト24話|吉之助を救った沖永良部の土持政照・土持鶴役は誰?

西郷どん第24話の感想・生死をさまよう吉之助

 

一蔵を信じて待ち続けるという吉之助に対し、大山格之助(北村有起哉さん)らの手紙に「一蔵が何を考えているのか分からん、薩摩がバラバラだ」とあったことから、雪蓬は国父も一蔵も吉之助を殺そうとしていると言い放ちます。

飯もろくに食べない吉之助は徐々に弱っていきます。

そして「一蔵はん、すんもはん、ここまでかもしれん」とついに諦めの域に入ってしまいます。

もうダメかと思ったその時、「生きろ、まだじゃ」という天の声とともに、何と雪蓬が牢を壊して入ってきて、半分気絶している吉之助に水(酒?)口移ししてまで助けようとします。

雪蓬も吉之助に何かを感じとったのでしょう!

川口雪篷が、一癖も二癖もある人物なのですが、石橋蓮司さん味のある演技で魅せていますね。

吉之助や一蔵のことをこき下ろしていたかと思うと、死にかけの吉之助に口移しで水を飲ませたりと、なかなか面白い人物です。

 

 

 

以上が『西郷どん』第24話の感想です。今回で全47回の折り返しとなった『西郷どん』、いよいよ真の表舞台への復活へ向け、次回も楽しみですね!

 

この記事がよければポチッと1クリックお願いします
↓   ↓   ↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク