11月4日『西郷どん』、第41話「新しき国へ」の感想です。

新政府から岩倉具視を中心とした使節団が外国へ派遣されることとなり、西郷隆盛らは一年以上留守を預かることになります。

そして、新政府の中で軽んじられる者の不満や、時代が変わっても生活がよくならない民衆の不満が高まる中、天子様の行幸を実行に移します。

この記事では『西郷どん』第41話で心に残った場面を中心に感想を書いてみたいと思います。

 

スポンサーリンク



西郷どん第41話の感想・さすがの隆盛もこれまでか・・・

 

 

岩倉具視(笑福亭鶴瓶さん)や大久保利通(瑛太さん)、木戸孝允(玉山鉄二さん)らが大使節団として欧米に行くこととなり西郷隆盛(鈴木亮平さん)らは留守中の政府を預かることとなります。

しかし使節団にも入れない旧土佐藩らの幹部は不満が溜まる一方で、留守中に自分たちの思う方向へ政治を動かそうとします。

どちらが良い悪いというのはこのドラマだけでは計りかねますが、岩倉具視に政治を動かすなと釘を刺された隆盛は難しい舵取りを迫られます。

腐敗した新政府と、それに反対する役人と民衆の板挟みになって、隆盛はこれまでにない苦悩を味わっていました。

さすがの隆盛も、大久保一蔵に呼ばれて東京に来てみたものの、理想と違う国の姿に疲れが見えて来ました。

月照との入水や奄美、徳之島、沖永良部島への流刑と、いくつもの修羅場を乗り越えて来た隆盛ですが、背負うものがあまりにも大き過ぎて潰されそうになっていました。

敵を倒したまでは良かったのですが、新しいことをするときにつきものの苦しみがここまで苦しいとは、隆盛も思ってはいなかったに違いありませんね。

西郷どん第41話の感想・発想力で時代を変える隆盛がすごい

 

 

鹿児島の国父・島津久光(青木崇高さん)の様に未だちょんまげで政府に不満を持つ者も依然多く、各地で民衆の一揆も頻発する中、隆盛は大きな挑戦に出ます。

それは天子様(野村万之丞さん)が民の前に姿を現し、民の生活を直に見て欲しいというものでした。

薩摩前藩主島津斉彬(渡辺謙さん)を彷彿させる「天子様と相撲が取りたい」というのはさすがに実現しなかったでしょうが、行幸が実行されるだけでも伝統を壊すという意味ですごいことだったに違いありません。

天子様を見たとき島津久光の驚きようが良く表しているように、神格化されていた天子様を目の前で見たら、それは腰がぬけるほどビックリしたはずですね。

それにしても隆盛のアイデアは、誰も思いつかないような発想だったのですが、当時そんな発想をする人は隆盛を除いているはずがなかったでしょう。

隆盛の発想が現代にも続いていると思うと、明治時代初期はほんとうに色々な意味で、時代の大転換期にあったのだと思わされますね。

歴史を作る人が西郷隆盛と言う人物だったんだと改めて思いました。

 

西郷どん第41話の感想・島津久光は本当は格好いい?

 

 

天子様の行幸が行われ、隆盛も同行し鹿児島を訪れます。

日本中のほとんどの人が見たことも無い天子様を直に見るというのは当時すごいことだったんでしょう。

人間のお姿をしてるのだというくらいのインパクトがあったのかもしれません。

そして同じく天子様を初めて見た久光は洋装をした天子様に驚きます。

これも隆盛らが世が変わったということを知らしめたかったためでしょう。

その後、隆盛と久光が久しぶりに話をします。

新政府=隆盛に不満を抱く久光は山ほど言いたいことがある中、それを凝縮した一言「これが先代の島津斉彬と共にお前の目指した国か」を投げかけます。

ハッと気づかされた隆盛は「目指した国とはかけ離れている・・」と返すしかありませんでした。

それで久光は「そら見たことか」と罵倒するのかと思いきや、「このやっせんぼ!最後までやり抜け!新しい国はこれからの若者のためにある!」と隆盛を励ますのでした。

格好良すぎるじゃありませんか国父様!

ここまで時代遅れの象徴の様に描かれてきましたがそれを一気に晴らす逆転ホームランでしたね!

ちなみにしゃべり方も先々代の島津斉興に似てきたような・・

わしは、まだ終わっとらんと言いながら、隆盛にも期待を寄せる久光が格好良かったです。

世の中の行く末を若者に託そうとするのは、教育者のような発想だったので驚きましたね。

久光にそのような側面があったとは、さすが国父様です。

また、隆盛の息子菊次郎(城桧吏さん)も天子様を見て留学を決意し、ここにも将来を担う若者の背中を押した行幸の効果がありました。

 

 

以上西郷どん第41話の感想でしたが、ますます難しくなる政府のかじ取りに隆盛がどう挑んでいくのか楽しみにしたいと思います。

鈴木亮平さん、ますます恰幅が良くなって当初とは別人のようですが、西郷隆盛そっくりになって来ました。

役者魂がすごいですね。

 

 

この記事がよければポチッと1クリックお願いします
↓   ↓   ↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク



西郷どん感想の記事

→ 西郷どん40話の感想~新政府はこれで良いのか?隆盛は憂う

→ 西郷どん第39話の感想・「すまんのう・・・」、隆盛が見せた涙の意味

→ 西郷どん第38話の感想・吉之助無念!優しい弟の悲しすぎる死

→ 西郷どん37話の感想~勝と慶喜が流した涙の意味は?

→ 西郷どん36話の感想~やっぱり吉之助は信吾を見捨てなかった!

→ 西郷どん35話の感想~吉之助よ、なぜ戦の鬼になってしまった?信吾が泣いている

→ 西郷どん34話の感想~徳川慶喜の策士ぶりに吉之助も完敗?

→ 西郷どん32話の感想~桂小五郎を動かした吉之助の心が素晴らしかった

→ 西郷どん31話の感想~龍馬と吉之助の関係が熱い!

→ 西郷どん30話の感想~岩倉具視はどうみても笑福亭鶴瓶そのものだった!

→ 西郷どん29話の感想~三度目の正直だぞ、吉之助!

→ 西郷どん28話の感想~吉之助と勝海舟・龍馬との出会いが痛快!

→ 西郷どん27話の感想~吉之助と桂小五郎の友情に感動!

→ 西郷どん26話の感想~ヒー様の不気味な笑顔の裏には何がある?

→ 西郷どん25話の感想~子供に学問を教える吉之助がいいね!

→ 西郷どん24話の感想・沖永良部の土持鶴、川口雪篷はなぜこんなにユニーク?

→ 西郷どん第23話の感想・古き良き仲間たちとの別れ・・・寺田屋騒動に涙

→ 西郷どん22話の感想~吉之助と信吾、斉彬と久光・・・なぜこうも?違う

→ 西郷どん21話の感想~愛する愛加那との別れに涙が止まらない

→ 西郷どん20話の感想~「ああ、出世したか!」秘められた正助の熱き想い

→ 西郷どん19話の感想~吉之助のまっすぐな愛が人を動かした

→ 西郷どん18話の感想~吉之助ととぅまの距離感と鈴木亮平さんの熱演が光った!

→ 西郷どん17話の感想~最後を悟った月照と吉之助の辞世の句が刹那すぎる

→ 西郷どん16話の感想~生きて斉彬の遺志を継ごうとする吉之助の姿に感動

→ 西郷どん15話の感想~吉之助の起死回生策で斉彬も感動の涙!

→ 西郷どん14話の感想・慶喜の本気・・・ヒー様怒る!

→ 西郷どん13話感想~ 変わらない友・・・それは正助どん、二人の絆に涙腺崩壊!

→ 西郷どん12話感想~隠された篤姫の本心「西郷、このまま私を連れて逃げておくれ」が切な過ぎる

→ 西郷どん11話感想~斉彬は誰に消される?

→ 西郷どん10話感想~篤姫と吉之助の距離を縮めた二人の涙

→ 西郷どん9話感想~篤姫はなぜ吉之助を高く評価している?

→ 西郷どん8話感想・離縁した須賀は正しかったのか?

→ 西郷どん第7話の感想・龍右衛門、吉兵衛、そして太陽のような満佐まで…

→ 西郷どん6話感想・面白さのカギは万次郎の「おっかぁ」と「ラブぜよ」

→ 西郷どん5話感想~吉之助は人が良すぎるバカ正直者?

→ 西郷どん4話感想・ロシアンルーレットがトレンド入り?SNSの感想や原作はどうなってる?

→ 西郷どん3話感想~芋泥棒半次郎は中村半次郎、のちの桐野利秋だった!

→ 西郷どん2話感想~糸は幼少から吉之助が好きなのになぜ3番目の妻となった?

→ 西郷どん1話感想~島津久光はマザコン?小柳ルミ子の好演光る