3/11の西郷どん第10話の感想です。

念願叶い斉彬(渡辺謙)のお庭方になれた吉之助(鈴木亮平)。

嬉しさ、そして感動の気持ちいっぱいで殿のおそばで張り切る毎日ですが…。

水戸斉昭(伊武雅刀)に斉彬の書状を破られた際に現れた慶喜(松田翔太)にびっくり!

慶喜はふき(高梨凛)と出遭った磯田屋で吉之助の、似顔絵描いたヒー様ではありませんか!?

正直に書状を破られた一部始終を斉彬に伝えると、余裕で笑う斉彬。

そこで吉之助は、新たなお役目「密偵」としての仕事、ヒー様の正体を確かめて来るよう申し付けられます。

再び磯田屋に向かった吉之助ですが、突然病人に手術を施す福井から来た蘭方医(風間俊介)に出会います。

ヒー様も蘭方医に名前を尋ねますが名乗りません。

風間俊介、良いですね。

ネタバレで申し訳ないですが、蘭方医は「啓発録」を15歳で執筆した聡明な藩士、橋本佐内役になります。

「神童」感、ばっちり出ていますね!!

 

 

スポンサーリンク



西郷どん第10話の感想、篤姫様、ホームシックですか(涙)?!

 

斉彬から、篤姫(北川景子)がいなくなったと聞かされ驚く吉之助は、すぐに探すように命じられます。

姫様ですからすぐ見つかるはず…と、思いきや見つかりません!

町娘と着物を取り換え行方をくらました様子です。

このあたりですが「あんみつ姫」を思い出しました。

海岸にいた篤姫を見つけた吉之助は、篤姫から実父に会えぬまま亡くなった文が届いたことを打ち明けられます。

この場面も、海、そして砂浜。

励ますのでなく、泣くように勧めた吉之助。

また、二人の距離は縮まりました。

西郷どん第10話の感想 「…もす(怒)?」怖いんですけど幾島先生!

 

篤姫はお輿入れの準備に入ります。

斉彬は京都から教育係として幾島(南野陽子)を呼びよせます。

来てすぐに、篤姫と吉之助の会話の薩摩ことばに怒る幾島。

お嫁さんになる準備なので、それじゃあ間に合わない!

怖い幾島ですが南野陽子さん、年を取らずに相変わらず可愛いです。

でも今回はあの幾島です(汗)

声の高さも低めに設定していますね。

琴やなぎなた、篤姫に色々教えていくのですが輿入れまでにどうなることやら。

吉之助と一緒に見守りたいと思います。

西郷どん第10話の感想、あの時のお医者様!!「橋本佐内です。」

 

部屋に戻った吉之助は、不法侵入的な来訪者の橋本佐内に驚きます。

橋本左内は、熱く、しかしスラスラと持論を伝え、吉之助は聞きながら篤姫を案じます。

慶喜を将軍にしたいのに、なぜ娘の篤姫を家定に??

篤姫はお世継ぎを産まなければならないと、吉之助の前で幾島に教育されていました。

吉之助は、藩邸に戻るなり斉彬にすぐに疑問をぶつけます。

「篤姫さまは将軍様のお世継ぎを産み、日の本一の幸せ者になるのでは?」

斉彬は吉之助に歩み寄り

「篤は不幸になる」

と斉彬は返すだけ。

渡辺謙さんの演技は、ほんとうに素敵です。

私生活のなんだかんだは、関係なく思えてきます。

ずっと謙さんに出てほしいですね。

 

この記事がよければポチッと1クリックお願いします
↓   ↓   ↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

 

 

スポンサーリンク



西郷どん感想リスト

→ 西郷どん9話感想~篤姫はなぜ吉之助を高く評価している?

→ 西郷どん8話感想・離縁した須賀は正しかったのか?

→ 西郷どん第7話の感想・龍右衛門、吉兵衛、そして太陽のような満佐まで…

→ 西郷どん6話感想・面白さのカギは万次郎の「おっかぁ」と「ラブぜよ」

→ 西郷どん5話感想~吉之助は人が良すぎるバカ正直者?

→ 西郷どん4話感想・ロシアンルーレットがトレンド入り?SNSの感想や原作はどうなってる?

→ 西郷どん3話感想~芋泥棒半次郎は中村半次郎、のちの桐野利秋だった!

→ 西郷どん2話感想~糸は幼少から吉之助が好きなのになぜ3番目の妻となった?

→ 西郷どん1話感想~島津久光はマザコン?小柳ルミ子の好演光る!