4月8日に放送された「西郷どん」13話「変わらない友」の視聴率がビデオリサーチ社から発表され、前回より1.1ポイントも下落し13.0%(関東地区)となったことが分かりました。

1月8日の初回15.4%から始まり、12話でそれまでの最低の14.1%となったのですが、13話はそれをさらに下回りました。

初めて14%を割って13%台となったのですが、前回に放送された特番の影響があったのかもしれません。

鈴木亮平さん、渡辺謙さん、北川景子さんらの熱演もあって、ここまで安定して14%以上を保っていたので残念です。

 

特番の記事

→ 西郷どんスペシャル4/1見たくないと批判殺到、番宣?収録遅れ?の声も

 

スポンサーリンク



西郷どん13話のあらすじ

西郷どん13「変わらない友」は、篤姫の輿入の準備を進めている頃に安政の大地震が起こり、篤姫や斉彬らの命は助かったものの、婚礼道具が全て壊されてしまいました。

吉之助は斉彬から命じられて1年で婚礼道具を全て整えることに成功します。

そして、篤姫の輿入れとなり、篤姫は家定と初めて顔を合わせることになりました。

 

 

薩摩に戻ることになった斉彬に従って、吉之助も京の近衛忠煕と月照に会うことになります。

目的は、一橋慶喜を将軍にするためでした。

その頃、薩摩の大久保正助に縁談が持ち上がり、相手が上司の娘の満寿だと知った正助はすぐに承諾します。

 

 

祝言の夜、西郷家や大久保家が集まって満寿の到着を待っていると、老中の阿部正弘が急死したと訃報が入り、吉之助は斉彬に呼び出しを受けました。

慶喜の将軍擁立の後ろ盾を失った斉彬は、吉之助を江戸へ向かわせることにするのですが、吉之助は斉彬に正助を一緒に連れて行くように直訴します。

ところが斉彬の返事は熊本までと言う中途半端な返事でした。

吉之助が正助に熊本行きを伝えると、正助は吉之助が偉そうなことを言うと反発し喧嘩別れしてしまいます。

しかし、正助の父が今行かないと将来がないと説得し、妻となった満寿も吉之助が待っていると正助を送り出すと言う内容でした。

西郷どん視聴率低下は特番の影響?

ここまで安定して視聴率を保っていたのに、突如1.1ポイントも視聴率が下落したのは大きいです。

オリンピックやサッカーなどの特別なイベントと重なったときは、視聴率がガタッと落ちます。

何も特別な裏番組がなくてこれほど視聴率が落ちるのは、あまりないので珍しい現象です。

しかし、先週に「西郷どん」を中断する形でスペシャル番組が放送されました。

マスコミでは好意的に取り上げられることが多かったのですが、ツイッターなどでは9割以上が批判的な意見だったため、「西郷どん」の評価を落としてしまったのかもしれません。

それよりも、物語を中断してしまったことで視聴者の気もちが冷めてしまった可能性があります。

また次回の「西郷どん」の視聴率が回復することを期待したいです。

 

 

この記事がよければポチッと1クリックお願いします
↓   ↓   ↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク



西郷どん視聴率の記事

→ 西郷どん12話・視聴率は14.1%、0.5P微減も視聴率安定続く

→ 西郷どん11話・視聴率は14.6%~20%越えはできるか?

→ 西郷どん視聴率10話~~キャスティングのうまさで初回から順調に推移

→ 西郷どん視聴率9話~謎の男ヒー様登場で14.8%

→   西郷どん視聴率8話~吉之助江戸行きも0.1ポイント微減で14.2%

→ 西郷どん視聴率7話は0.8ポイント微減で14.3%、オリンピックの影響?

→ 西郷どん視聴率6話~前回より0.4ポイント微減も「ラブぜよ」が話題に!

→ 西郷どん視聴率5話~斉彬VS吉之助の御前相撲で初回上回る15.5%!

→ 西郷どん視聴率4話~ロシアンルーレットで0.6ポイントアップの14.8%

→ 西郷どん視聴率速報~3話は14.2%半次郎健闘も1.2Pダウン

→ 西郷どん視聴率速報2話は15.4%~ふき子役熱演が好影響?

→ 西郷どん視聴率1話~子役健闘も今ひとつ伸びず15.4%